1. 平成30年度災害危機管理シンポジウム 「キャンセル待ち」受付中

平成30年度災害危機管理シンポジウム 「キャンセル待ち」受付中

ただいま募集中

最終更新日:2018年12月03日

募集定員に達ししたため、「キャンセル待ち」を承ります。オンラインフォームから申請いただき、参加の可否は2019年1月7日(月)にメールでご案内いたします。

平時からの本県のソフト防災の環境整備と、関係機関との協働態勢を構築する事を目的に、下記のとおり、災害危機管理シンポジウムを開催いたします。

本県では、1万6,000人以上の外国人が暮らしています。その出身国籍は120カ国にも上り、それぞれの持つ習慣・文化の枠を超えて、地域社会は必然的に多様化せざるを得ない傾向にあります。加えて沖縄を訪れる外国人観光客数は、年間200万人を超えました。

このような状況の中、もし沖縄県で大規模な災害が発生した場合に、我々はどう乗り切るのか。空港や港が使えない、容易に他県からの応援が得られないとすると、どういうことが起こるのか。

本シンポジウムは、基調講演とパネルディスカッションをとおして、地域が抱える災害危機管理上の課題を掘り下げ、それぞれの立場で対応策について考える機会を持つことを目的に実施します。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

★応募締切は2018年12月28日17時です。オンラインフォームから申請下さい。
★参加希望者多数の場合、早めに募集を締め切ることがあります。
★職場等で使用されているPCの設定環境により、オンライン申請ができない場合は、ご自身のスマートフォンやPCなどセキュリティ制限がない端末から申請されて下さい。

基調講演 「迫り来る大規模災害」
■名古屋大学減災連携研究センター
  センター長 福和 伸夫                     
パネル討議 「島嶼部の抱える問題と沖縄特有の地域防災について」
■名古屋大学減災連携研究センター
  センター長 福和 伸夫
■沖縄セルラー電話株式会社
    常務取締役 技術本部長 山森 誠司
■琉球大学医学部附属病院
    救急部長 久木田 一朗
■日本空港ビルデング株式会社
    旅客ターミナル運営本部
    施設運営部管理役 志摩 憲美
■一般財団法人ダイバーシティ研究所
    代表理事 田村 太郎  

実施概要

募集期間
2018年11月01日 (木) ~ 2018年12月28日 (金)
実施日時
2019年1月18日(金)13:15~16:30 (開場 12:45~)
場所
沖縄産業支援センター内 中ホール(那覇市小禄1831番地1)
対象
(1)行政職員
(2)沖縄県地域防災計画に定められている関係機関の職員
(3)当財団の災害時外国人支援サポーター等
定員
会場収容定員に達し次第、募集を締め切ります。
参加費
無料
参加方法
オンラインフォームから申請下さい。

お問い合わせ

(公財) 沖縄県国際交流・人材育成財団 国際交流課
担当:葛(かつら)・長濱(ながはま)
TEL:098-942-9215 FAX:098-942-9220