中川 幸子

名前:中川 幸子

医療通訳ボランティア 9期生(英語)

医療通訳ボランティア養成講座に参加したきっかけ

都内の会社に勤めている中国人の友人がガンと診断されたと聞き、驚いて助けに行くなったのですが、彼女の通う病院には通訳の方がいて詳しい説明を全て英語でしてもらえるので心配しなくて大丈夫と言われたのがきっかけでした。私もそのような技術を身につけて日本語の分からない方を少しでも助けてあげたいと思います。

講座や演習を通して感じたこと

医療の現場の先生方から直接お話しを伺うことができ、臨場感がありとても勉強になりました。

今後、参加を検討されている皆さんへ

言葉をよく理解しない異国の地で病院に通うというのは、とても不安なことだと思います。そういう方たちのお手伝いをしてあげられるって良いことだと思います。