1. 医療通訳ボランティア事業

医療通訳ボランティア事業

目的

在住外国人等との共生社会に向けた環境整備の一助として、医療機関等を受診する際のコミュニケーションに不安を抱える在住外国人のために、医療通訳ボランティアを養成・登録及び紹介を行い、安心して医療機関を利用できる地域を目指します。

実施内容

  • 医療通訳ボランティア養成講座
  • 医療通訳ボランティアステップアップ講座
  • 在住外国人の担い手育成セミナー
  • 医療通訳ボランティアの紹介・派遣

実施時期

医療通訳ボランティア養成講座

内容
  • ボランティア通訳の心得や基礎的な通訳技術の習得、ボランティア活動報告
  • 各医療現場から担当医等による医療講義
  • 様々な医療現場の場面を想定したロールプレイや受講者と講師によるワークショップ
募集時期 平成30年4月1日(日)~平成30年5月20日(日)
実施時期 第1回 平成30年6月9日  (土)9:00~12:40
第2回 平成30年6月10日(日)9:00~12:40
第3回 平成30年6月16日(土)9:00~12:40
第4回 平成30年6月17日(日)9:00~12:40
第5回 平成30年6月23日(土)9:00~12:40
第6回 平成30年6月24日(日)9:00~12:40
第7回 平成30年6月30日(土)9:00~12:40
※本講座の修了登録認定を受けるためには、全7回の受講が必須となります。
実施場所 当財団3階ホール
養成言語 英語・中国語・韓国語・スペイン語

医療通訳ボランティアステップアップ講座

内容
  • ボランティア通訳の心得や発展的な通訳技術の向上
  • 様々な医療現場の場面を想定したロールプレイや受講者と講師によるワークショップ
募集時期 平成30年8月頃~
実施時期 第1回 平成30年9月29日(土)9:00~12:10
第2回 平成30年9月30日(日)9:00~12:10
第3回 オンラインテスト
※本講座を修了するためには、全2回の講座の受講とオンラインテストの受検が必須となります。
実施場所 当財団3階ホール/オンライン
養成言語 英語・中国語・韓国語・スペイン語

在住外国人の担い手育成セミナー

内容
  • 在住外国人向けに担い手育成セミナーを実施し、当財団で養成しているボランティア(英語)とペアで対応することで養成言語以外の通訳でも対処できるような仕組みを構築します
募集時期 平成30年12月頃~
実施時期 平成31年2月頃
対象者 在住外国人(講義は英語で行います)
実施場所 沖縄科学技術大学院大学(恩納村谷茶1919-1)

医療通訳ボランティア紹介・派遣制度

在住外国人が安心して医療機関を利用できるよう、医療機関等を受診する際のコミュニケーションに不安を抱える在住外国人のために、医療通訳ボランティアを紹介・派遣しています。

個人単位での申請や「緊急・重篤」を伴う通訳の依頼は受けかねます。申請方法等、必ず実施要領を熟読の上、お問い合わせ下さい。

Okinawa Medical Information(沖縄県外国語対応医療機関)

沖縄県内で外国語で対応している医療機関のリストが閲覧できます。
(各医療機関では常時、外国語で対応できるとは限りません。受診の際は必ず事前に電話等で各医療機関に確認してください)

Okinawa Medical Info 沖縄県外国語対応医療機関

多言語医療問診票

全18言語に訳された11科目の問診票をPDFで無料ダウンロードできます。下記リンクよりご確認ください。

多言語医療問診票サイト